無料で活用!世界史まとめ

無料で活用!世界史まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代イラン

126701931629816319966_ur_shrine.jpg

パルティア

パルティア王国は現イランのカスピ海ミナミ東で前3世紀に遊牧系イラン人がセレウコス朝シリアから自立sした国である。

建国者がアルサケスなので中国名は安息である。

東はインダス川から西はユーフラテス川まで角田市し、ティグリス川沿いに信徒クテシフォンを建設した。だからセレウコス朝はセレウキアを放棄して地中海のアンティオキアに都を移すことになる。

最初はギリシア語が公用語でヘレニズム文化の影響大だったが、後にペルシア文化が再興した。アラム文字表記からパフレビー文字表j期にペルシア語が変化した。、

パルティアはユーフラテス川付近で、カルエラの戦い、共和制ローマの第一回三頭政治のメンバークラッスススを戦士させる。

しかし、224年にペルシス地方に興った濃厚系イラン人のササン朝ペルシアにより滅亡

ササン朝ペルシア

ササン朝ペルシアの建国者はアルデシール一世でアケメネス朝の復興を理念に掲げ、ゾロアスター教を国境にした経典はアヴェスター。都はクテシフォンl学芸の中心は分dェイーシャープールギリシア・ローマの古典を翻訳しイスラーム世界につ当てた3世紀のシャープール1世は西にローマ帝国の軍人皇帝ヴァレリアヌスをホs呂にし、エデッサの戦い亜、東で西北インドのクシャーナ朝を衰退させた。

Search
AD

INFO







カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。