無料で活用!世界史まとめ

無料で活用!世界史まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝政ローマ


1世紀ローマ帝国史

地中海最大の穀倉地帯であるエジプトの獲得を背景にオクタヴィアヌスは元老院からアウグストゥスの称号を与えられ,プリンキパトゥス(元首政)と呼ばれる帝政を開始した。前 27 年だ。

この語は自らをプリンケプス(第一の市民)と名乗ったことに由来する。

9年のトイトブルク森の戦いではゲルマン人に敗れ,以後ライン川ドナウ川がローマ帝国とゲルマン人の境となる。『ゲルマニア』はタキトゥスの作品だ。

 第2代皇帝ティベリウスの時,イエス = キリストがローマのユダヤ総督ポンテウス = ピラトゥスによりイェルサレムで処刑されたが,使徒たちのうち特にパウロによりキリスト教はローマ帝国内に広められた。第 4 代皇帝クラウディウス帝の妻アグリッピナの連れ子がネロだ。64 年のローマの大火に起因するネロ帝によるキリスト教迫害によりパウロやペテロは殉死ししたとされる

70 年にはイェルサレムがローマ帝国に征服され「嘆きの壁」と呼ばれる西の壁だけが現在残っている。79 年にヴェスヴィアス火山が噴火しポンペイの町が埋没した。『博物誌』のプリニウスが見に行って窒息死した。80 年には円形競技場コロッセウムが完成。

キリスト教徒はランチタイムの余興としてライオンに食い千切られた。キリスト教徒が隠れ活動した地下の隠れ家がカタコンベだ。

コロニア = アグリッピナがケルン,ルテティアがパリ,ロンディニウムがロンドン,ヴィンドボナがウィーン。メディオラヌムがミラノ。これらがローマ時代に発展した都市である。

五賢帝時代

96 年から 180 年までは五賢帝時代と呼ばれ,ローマ帝国の最盛期だ。ネルヴァは養子相続を開始,次のイスパニア出身のトラヤヌスはダキア(現ルーマニア)を平定しローマ人を植民し帝国領土は最大となる。だからルーマニアはバルカン半島で唯一ラテン系の国なのだ(たいていはスラヴ系)。

ハドリアヌスはスコットランドに長城を築いた。また第2ユダヤ戦争の結果,ユダヤ人をイスラエルから離散(ディアスポラ)させたので,イスラエルはパレスチナという呼称になった。

アントニウス = ピウスをへて,5人目のマルクス = アウレリウス = アントニヌス(『自省録』をギリシア語コイネーで著すストア派の哲学者)までが五賢帝時代だ。『後漢書西域伝』にでてくる「大秦国王安敦」とは彼であると推察される。また,現ベトナムのオケオで発掘された金貨には彼の名が刻印されている。

 2世紀がローマ帝国の最盛期だ。1~2世紀がパクス = ロマーナ(ローマの平和)。パクスとはラテン語で「秩序」を意味する言葉だ。

軍人皇帝時代

3世紀のセプティミウス = セウェルス帝が最初の軍人皇帝だ。

息子のカラカラは 212 年のアントニヌス法で全属州民にまでローマ市民権を広げたので,ローマ市民としての自尊心が欠落しはじめ,征服戦争の減少から質実剛健の気風も損なわれ,性道徳が低下し家族制度が崩壊,帝国の支配の基盤が揺らぎはじめた。

ディオクレティアヌス帝

284 年にディオクレティアヌスが元老院の影響を排除しドミナトゥス(専制君主政)を開始。また四帝分治 制(テトラルキア)を開始。自らはニコメディアで統治した。さらには皇帝崇拝を強要し拒否したキリス ト教徒にたいする最後の大迫害を行なった。

コンスタンティヌス帝以降

帝国再統一にキリスト教勢力を活用,そのために313 年のミラノ勅令でキリスト教を公認したのがコンスタンティヌス帝だ。325年のニケーア公会議では三位一体説のアタナシウス派を正統,アリウス派を異端とした。330 年にはビザンティウムに遷都し,コンスタンティノープルと改称(現イスタンブル),332 年には小作人コロナートゥスに土地の移動を禁ずる法令を施行した。またソリドゥス金貨を流通させた。

その後,ユリアヌス帝はミトラ教を採用し「背教者」となる。375 年にはゲルマン人の西ゴート族がドナウ川を渡り帝国領内に侵入,アドリアノープルの戦(378)でヴァレンス帝は戦死する。392 年テオドシウス帝はキリスト教アタナシウス派を国教とする。死後,帝国は分裂。長子アルカディウスと次子ホノリウスによりそれぞれ東ローマ(ビザンツ)帝国(395 年~ 1453 年),西ローマ帝国(395 年~ 476 年)になった。

Search
AD

INFO







カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。